いつも不安な患者たち [アトピー]

私の経験からも言えることですが、アトピーになると結構不安がぬぐえない人が多いと思います。前触れもなく数日で悪化したり、治っていたと思えば季節の変わり目で再発するなど、いつも不安を抱えているはずです。

 普通の病気なら病院に行って診察してもらって、不安があれば医師に相談するなどすることで、精神的な不安を取り除くことができますが、アトピーの場合は、患者と医師との考え方に違いがあることが多いのと、患者自身がそれなりの知識を持っている場合、薬剤などに対する考え方で意見が合わないことも多いと思います。

アトピーは、いまのところ正しい答えがありません。酷くなった症状を穏やかにして、健康な人と変わらない生活を送ることはできても、いつまたひどくなってしまうかわからない現実があります。

 また、薬に対しても不安な面があると思います。アトピーの症状を抑えるためステロイドを使ったり、皮膚科で処方された人は多いと思います。しかし、この薬も一時的な効果があるものの継続して塗り続けることになる場合が多いので、薬の効果がなくなってしまったり、ある日突然抑えきれないほど悪化してしまう場合もあります。

皮膚科にかよっていても一時的に症状があだやかであっても、完全に克服できないかぎり、いつも不安が付きまとっている病気ですよね。


正しい使い方を知る [アトピー]

アトピーの治療に使われるステロイドは、あやまった使い方をされることも多いようだ。ステロイドは、市販されているので、誰でも薬局で手軽に手に入れることができる。

ステロイドは、さまざまな皮膚病に使われる薬剤であり、その効果も体感できるほどよくわかる。しかし、誤った使い方をすれば毒にもなる。と言っても、ホントに毒になるわけではないので気おつけてほしい。あくまでもアトピーの場合は、連用になる場合が多いので、副作用の危険せいと離脱する場合のリバウンドなどがあると言うことだ。

まあ、このようなことはアトピー患者ならご存知であると思う。しかし、最近問題だと感じるのは、アトピーではない人が、書籍やネットから情報を入手してブログなどで誤った情報を流してしまうことだ。

確かに、私も含めアトピー患者が誤った情報を流してしまう場合も多いと思うが、その誤った情報を一般の健康な人が正しい情報と勘違いして、影響力のあるブログなどで書いてしまうのは問題だ。

アトピー患者は、ステロイドをどんな思いで使っているのか? 私は少なくとも痒みを治療するために使っていた覚えはない。確かにステロイドは、痒みさえも抑える効果が絶大であるが、あくまでも炎症を抑えると言う意識の方が強い。これは、おそらく私だけではないと思う。

そのあたりは、知識だけ詰め込んだ健康な人の考え方と実際にアトピーを体験した者との違いのような気がする。どちらにしても、アトピーに関する情報のほとんどが憶測なので、あまり信用しない方がよいと思います。


クエン酸でアトピーが治る? [アトピー]

まあ、たんなる対処療法のひとつとしてアトピーの症状にクエン酸を水に溶いたものを塗布したり、お風呂にクエン酸を入れるという方法もありますが、あくまでも気休めのようなレベルだと思います。

 クエン酸事態は、殺菌効果があったり、角質を取り除くような作用もあるので、なんとなくアトピーによさそうな気もします。

私もこれを聞いて何度か試してみた経験がありますが、結構、かゆみが治まったような気がしました。なんだか錯覚のような気もしますが、とにかくクエン酸を塗布すると非常にしみるので、結構その時はつらいですが、そのしみるおかげなのか? 跡でかゆみがおきません。

 アトピーの症状を悪くする原因のひとつに、炎症の部分を掻き壊してしまうと言うのがあるので、かゆみがなくなって掻き壊さなくなれば、症状は次第に良くなります。

 この方法で改善したと言う人もいるので、どうしてもと言う人は試す価値があるかもしれません。ただ、何度も言うようにかなりしみるので、それを我慢しなければなりませんが・・・・・・

まあ、クエン酸を入れる量とかでも、しみる加減が変わってくるはずなので、あまりにしみるのであれば、濃度を薄くするなどの工夫をするのもいいかもしれません。ちなみにクエン酸は飲んでも大丈夫なので、副作用などの心配はないと思います。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます