実は古くからある病気だった [アトピー]

アトピーは、戦後からではじめた比較的新しい疾患であることが知られていますが、実は古くからある病気だそうです。ただ、現代のようにアトピーとして区分されていなかったということや、わずらう人も少なかったのでしょう。

 しかし、急激にに患者の人数が増えだしたのは、まぎれもなく戦後からのことで、考えられる原因としては、やはり食であったり生活環境や習慣など、いまアトピーの原因といわれているものにかわりはないでしょう。

 また、アトピーの原因は免疫の異常ともいわれ、自律神経も深くかかわっていることがわかります。わかりやすい例として炎症が左右対称にできるところなど、特徴であり神経とのかかわりがよくわかります。

と言っても結局は、どのようにして免疫の異常がおこるのか突き詰めると、やはり食であり生活環境や生活習慣などしか考えられません。とにかく免疫の異常を正すような治療は、非常に重要だということです。

カイロプラクティックなどの整体を正す治療は必要なのかも知れませんね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

漢方治療の効果ってどう? [アトピー]

数多いアトピー治療のなかで漢方治療があります。確かに改善の実績もあって、アトピーの治療の代表的なもののひとつではありますが、その効果と価格を比較すると効率のよい治療とは思えません。

 決して漢方治療が悪いと言うわけではありませんが、改善にかかる期間とお金のことを考えると、個人的によく考えた方がよいと思います。経済的に余裕のある人には試す価値があると思いますが、月に3万円~10万円と言う価格は、一般の人にとって安いとはいえません。

 まして、漢方を飲むことで確実に治ると言うのなら話は別ですが、改善される人がいれば10年飲んでも効果が実感できない人もいます。アトピーは10年も経てば漢方薬を飲まずとも症状が開園される場合もあります。

1年、2年で漢方を飲まなくても改善する場合も多く、漢方薬を飲んでいた場合でも、実際どれだけ漢方薬の効果があったのか不明と言えば不明です。ですから、金銭的に苦しい思いをしてまでも、実践する価値がないのでは? と私は考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康な人との違い [アトピー]

アトピーの人は健康な人より体の構造に異常がみられます。異常というのは言いすぎかもしれませんが、少し欠陥が多いですね。まずは、肌が極度の感想肌でありセラミドが少ないため、潤いを保つことができないのと外部からの刺激に弱いことです。

 一般的には、皮膚病と認識されているので、皮膚の異常と考えてしまいますが、本当に悪いところは体内にあるわけで、その症状として皮膚に湿疹や炎症として現れています。また、体内の違いについては、腸内の細菌が少ないことから、腸の機能が正常よりおとると考えられます。

 後は、自律神経に問題があるのも特徴です。アトピーの人は、背骨が曲がっていたり骨盤がゆがんでいる人が多く、そのせいか、自律神経失調症ぎみであること、他にもさまざまな欠点がああります。

アトピーを改善すると考えた場合、皮膚の症状を治すのはもちろんのこと、総合的に考える必要があると思います。つまり、皮膚の治療をしながら腸内環境を整えたり、自律神経を正すなどの全体的に健康な人に近づける努力が必要だと思います。

言葉にするのは簡単ですが、実際実行するとなると大変なのはたいしかですが・・・・・・

アトピー・掲示板


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます