-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

副作用の怖さを知る [アトピー]

アトピーの皮膚にでる炎症を治療する代表的な薬にステロイドがある。ステロイドは、アトピーの治療薬ではなく、あくまでも皮膚にでた炎症を抑えるもので、根本的な治療とは無関係であり、アトピー以外の皮膚炎やかぶれにも使われる薬だ!

しかし、ステロイドは連続使用することで副作用がでる。これは、いまでは当たり前のように知られていることだが、20数年前はいまほど知られてはいなかったし、皮膚科の医師からも説明されない場合が多かったようだ。

実際、私自身ステロイドがどんな薬でどんな副作用があると言うことを医師から説明されたことがない。私が副作用について知ったのは、テレビのニュースでステロイドによる副作用でひどい顔になった人がいるということだった。

この頃は、私もステロイドを使い出して数年が経っており、もう少し知るのが遅かったら自分も副作用に襲われたかもしれないと思うと寒気がした。私の年代でアトピーになった人は、ステロイドによる副作用で悩まされた人も多いようだ。


間違った治療の選択 [アトピー]

一般的にアトピーは治らない病気と言われる。そのため、ステロイドやプロトピックによる炎症を抑える薬を使って、症状をコントロールすると言うのが知られている。しかし、この行為は非常に危険だと私は考えている。

薬は、使っているうちに効果が薄くなって行く傾向がある。これは、人間が周りの環境などに対応するように、薬に慣れてくると同じ量や濃度のものでは効き目がなくなってしまう。そのため、濃度の濃い薬や量をたくさん使用することが当たり前になり、エスカレートして行く。

そうなるとどうなる。

最終的に行き着くのは、濃度の限界と量の限界である。結局最後には、脱ステすると言う結果になるのである。これは、アトピー患者の多くの人が経験することで、いまだに同じような治療を薦められている患者たちがいるのは、まったく理解できない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いままでずっと [アトピー]

小学生頃からアトピーを発祥していたが当時は、アトピーだと知らずに汗疹だと思っていた。しかし、中学生になると症状が悪化してはじめて皮膚科に行くことになる。そこではじめて、アトピー性皮膚炎と言うものを知ったのだ。

当時は、なんとも変わった病気になったと思っただけで、しばらく皮膚科に通えば治るだろうって、そう思っていた。普通の病気のように通院するだけでね。これが、私の地獄の始まりでもあったんだ。

病院に通っても症状は悪化する一方で、皮膚科を変えるものの同じことの繰り返し、どこの皮膚科に行っても治らなかった。この時はじめて知ったんだ、アトピーが簡単に治らない病気であることを・・・・・・・

あれから20年以上たったが、完全に治ってはいない、もちろん当時のようにひどい症状ではないがいつ再発してもおかしくないと思う。思えばこの病気のおかげで失ったものも多い、しかし、この経験がすべて無駄になってるわけではない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます